一般的な契約書の形式

基本事項方法概要
作成部数1通念書や身元保証書等
2通一般的な形式。契約者各自が1通づつ保管する
3通三者間の契約の場合
製本方法A4用紙かA3用紙で袋とじが一般的、ホッチキス止めの上から製本テープで固定製本テープの固定箇所に押印
署名者代表者代表取締役、代表社員。個人事業主は屋号+個人名での署名が一般的
代理人現場責任者等の名で署名をする場合は正当な権限を有しているのかどうかの確認が必要
署名押印手書きで記入すること個人-市区町村の登録印、法人-代表者の会社印で押印
記名押印ワープロソフト、ゴム印等本人確認のため印鑑証明書を用意するのが通例
収入印紙貼りつけし、割印を押すこちらでご確認ください

契約書の収入印紙 収入印紙を契約書に貼るのは税法上の決まりごとであり、収入印紙が貼っていない場合でも契約書及び契約自体の効力には何ら影響はありません。
しかし、課税文書である契約書に収入印紙が貼ってないと納税を怠ったことになります。そして、税務調査が入れば本来貼りつけるべき印紙の額とその2倍に相当する金額の合計額(=3倍の額)を過怠税として納めなければならない羽目になってしまいます。

押印の種類

契約書の押印の種類

  • 実印

個人の場合は、市区町村に登録した印鑑で、印鑑証明書の交付を求めることが出来るもの。
法人の場合は、法務局に登録した印鑑で、支店長等のものではなく、代表社印を使用するのが一般的。

  • 認め印

上記の実印以外の印鑑のこと。社内文書や個人レベルの宅配便の受領等に広く手軽に使用されているもの。

  • 契印

契約書面が、2ページ以上にまたがる場合にその各葉が一体のものであることを示すために、当事者双方が押印するもの。
通常は全てのページに渡って契印を押す必要があるのですが、「製本テープ」で綴じた場合には、裏表紙の製本した箇所にのみ契印すれば済みます。

【ホチキス留めのみの場合】

取引基本契約書 

【製本テープを利用した場合~ホチキス留めの後に製本】

取引基本契約書

  • 割印

2通以上の独立した文書について、内容の同一性や関連性を示すために、二つの文書にまたがって押印すること。
契約書の場合は3通以上作成した際に、各契約書を重ねた箇所の真ん中の部分に押印します。

  • 訂正印

契約書上の文書を訂正する場合に、訂正部分に近い場所の余白に、「削除○字、加入○字」または「○字訂正」という記載と共に、各当事者の印鑑で押印をします。

  1. 訂正したい文書の上に二重線を引いて元の文字が確認できるように消します。
  2. 正しい文言を訂正箇所のすぐ近くに記入します。
  3. 契約書の左端か右端に「削除○字、加入○字」または「○字訂正」と削除、加入、訂正をした文字数を書きこみます。
  4. 訂正箇所の近くに契約者双方の訂正印を押します。
  • 捨印

契約書作成後の訂正に備えて、契約書の上欄余白部分にあらかじめ当事者が押印しておくもの。捨印は契約書の偽造に濫用される恐れが多分にありますので、押さない方が無難です。

  • 消印

契約書に貼付けされた印紙と契約書面とにまたがって押印する印のこと。収入印紙が貼ってあっても消印がされていない場合には消印されていない印紙の額面に相当する金額の懈怠税が課されますのでご注意ください!

契約書に貼る収入印紙

一般的な契約書の構成事項

前文

前文には、誰と誰との間の契約なのかをはっきりさせるため、契約の当事者と(ex.甲・乙・丙・丁・戊・・・)、何のために契約をするのかを明確にするための契約内容の趣旨・概略を記載します。

必ず記載すべき物ではありませんが、前文があることにより契約書自体が分かりやすいものとなります。

タイトル(表題)

一般的に契約書にはタイトルを付けます。しかし、契約書のタイトル自体はさほど重要ではありません。

どのようなタイトルをつけようが、契約自体の効果にはあまり影響を与えるものではありません。

例えば、単に「契約書」「覚書」という表題でも法的には問題ありません。

契約で重要なのはあくまで「内容」なので、タイトルはどのような契約なのかが瞬時に分かるようにしておけば十分です。

目的

一般的には前文のすぐ後の第1条に目的を書きます。

第1条に記入せず、前文に入れるパターンもありますが、効力は同じです。

この目的の箇所は、「どんな目的でこの契約を締結するのか」といった当事者の経営理念を反映させる意味合いがあり、取引条件には影響はありません。

契約内容(本文)

契約書の肝となる部分であり、この部分に契約の個別具体的な内容を記入します。

本文では、大きく「主要条項」と「一般条項」との2つに大別されます。

「主張条項」とはその契約ごとの、独自の具体的な取り決めのことです。

役務の提供の契約であれば、提供する役務の特定であり、動産の売買契約であれば、売買目的となる動産の特定、引き渡し方法等、
金銭消費貸借であれば、金額や利息や返済方法等になります。

一方、「一般条項」とは、どのような異なる種類の契約においても定めておくべき取り決めのことです。

内容的には、「支払条件」、「期限の利益喪失約款」、「契約期間」「価格」、「通知方法」、「支払方法」、「権利と義務に関する規定」、「債務不履行の場合」、「損害賠償」、「契約の終了」、「契約の解除に関する事項」、「不可抗力による場合」、「裁判管轄」等があります。

この「一般条項」は、取引内容によって注意すべき点が異なってきますのでマニュアルやテンプレートの丸写しは非常に危険です。

署名(契約者の署名押印または記名押印)

記名は、署名に比べて証拠能力に劣るため、署名のほうが望ましいと言えます。

また、当事者を特定するために個人の住所、法人の所在地は記入をするようにします。

押印は個人が当事者の場合は、市区町村登録印で、法人が当事者の倍は法務局に登録してある会社の代表者印で押印をします。

シャチハタの使用は、印鑑としての信用性に乏しいことに鑑みると使用は避けるべきです。

目録

契約の対象となるものなどを記載します。不動産であれば物件情報を、電子機器などであれば製造番号等になります。

作成年月日

作成年月日は、実際に契約書作成日を明らかにするために記載されます。西暦でも元号でもかまいません。

契約締結日と契約書作成日が異なることもありますが、基本的には契約締結日と契約書作成日は同日となります。

収入印紙

課税対象となる文書には、収入印紙を貼りつけし、消印をしなければなりません。

仮に印紙の貼ってない契約書でも契約の効力自体は何ら影響は受けませんが、もし、税務署に、印紙の貼り付けのないことが発覚したら、貼り付けしなかった印紙分と、その2倍に相当する金額の懈怠税が課されることになるため、注意が必要です。

後文

後文は、通常は契約書の法的効果には何ら影響を与えるものではありませんが、「契約書を何通作ったのか」、「原本・写し等の作成したという既成事実」を明らかにするために設けられています。


ご相談、お見積もりのご依頼はこちらからどうぞ


金沢市 高岡市対応エリア

  • 事前にご連絡をいただければ営業時間外や土日祝日も対応させていただきます。

契約書 書き方 売買契約書

契約書 書き方 売買契約書

借用書 FAX用ご相談フォームはこちら 金銭消費貸借契約書 業務委託契約書